CHATEAU LE BOSCQ

シャトー ル ボスク 2021

商品番号:855521

単品価格¥ 3,410(税込)

※ケース(12本)価格¥ 39,600/1本あたり ¥ 3,300
◎ケース(12 本) 価格、1 本あたり価格は税込価格です。
◎ご請求案内メールにて、ケース価格に変更してご案内いたします。

生産地 サンテステフ
オーナー Vins&Vignobles Dourthe
生産年 2021年
タイプ 赤ワイン
容量 750ml
評価
  • Neal Martin/Vinous90-92
  • W.A87-88
  • J.S91-92
◎ 在庫あり 数量
サイズ変更をご希望の方へ
サイズ変更は750ml×12本単位で承ります。
詳しくはこちら

ワイナリーについて

ル・ボスクの歴史は1749年、ボルドーのネゴシアンであったトーマス・バルトンがこのシャトーを取得したことから始まります。以降このシャトーは主要取引者がこぞって取扱いをする品質の高いシャトーとなり、1932年にこのアペラシオンで最初のクリュ・ブルジョワに格付けられました。2度の大戦や恐慌により数十年にわたりその名声は影を潜めていましたが、1995年、ドゥルト社がこのシャトーを取得し、かつての品質を取戻しました。

格付け Cru Bourgeois supérieur 土壌 砂利粘土質
作付け面積 18ha 平均樹齢 22年
平均生産数 80,000本 コンサルタント Michel Rolland

商品について

Chateau Le Boscq in Saint-Est?phe, has been classified ‘Cru Bourgeois Exceptionnel', in the 2020 Cru Bourgeois Classification for M?doc wines. After 25 years of farming, we are since January 2022 owners of this magnificient Chateau, with great ambitions for the future... Located on a premium terroir bordering the Gironde estuary, Chateau Le Boscq is a rare gem. Characterful Saint-Est?phe, it allies with great elegance the power of Cabernet Sauvignon and Petit Verdot with the finesse of Merlot, which is unusual for the appellation. These age-worthy wines are delicate and well-balanced.Tasting note - 2021 vintage: ? Intensely deep and concentrated. The complex nose offers hallmark aromas of cigar box and white pepper, together with a hint of fresh wild berries. Instantly velvety, and becoming more full-bodied, the breadth of which is underpinned by a concentrated, enveloping tannic frame. This is a harmonious wine, once again revealing the powerful nature of the terroir at Chateau Le Boscq. Fresh and remarkably long on the finish.! ? Fr?d?ric Bonnaffous, Dourthe Chief Winemaker (May 2022) Environmental commitment: Terra Vitis & HVE3 (High Environmental Value) ? fabulous ? and ? screaming value ? by Antonio Galloni ( Vinous)

ブレンド比率 カベルネ・ソーヴィニヨン50%, メルロ42%, プティ・ヴェルド6%, カベルネ・フラン2%
開花日 - 最大発酵温度 -
収穫開始日 - 新樽率 30%
収穫終了日 - 樽熟成期間 12ヶ月
発酵日数 - 収穫量/ha -

※画像はイメージのため、変わる場合がございます。
※2019年7月時点の評価を掲載しています。
※評価雑誌凡例:W.A…ワイン・アドヴォケイト誌、J.S…ジェームス・サックリング

ページ上部へ戻る