CHATEAU LA TOUR CARNET

シャトー ラ トゥール カルネ 2021

商品番号:812621

単品価格¥ 4,620(税込)

※ケース(12本)価格¥ 54,120/1本あたり ¥ 4,510
◎ケース(12 本) 価格、1 本あたり価格は税込価格です。
◎ご請求案内メールにて、ケース価格に変更してご案内いたします。

生産地 その他メドック
オーナー Bernard Magrez
生産年 2021年
タイプ 赤ワイン
容量 750ml
評価
  • Neal Martin/Vinous-
  • W.A-
  • J.S91-92
◎ 在庫あり 数量
サイズ変更をご希望の方へ
サイズ変更は750ml×12本単位で承ります。
詳しくはこちら

ワイナリーについて

起源は12世紀まで遡ることができるメドック地区で最も歴史のあるシャトーの1つ。1855年に4級に格付け。1962年にルイ・リプシッツ氏がシャトーの改築をするまで荒れ果てた状態となっていましたが、彼によってシャトーに相応しい品質に生まれ変わりました。現在はパプ・クレマンも所有するベルナール・マグレ氏がオーナーとなり、品質の向上に努めています。

格付け メドック第4級 土壌 砂利質、粘土石灰質
作付け面積 122ha 平均樹齢 30年
平均生産数 450,000本 コンサルタント Michel Rolland

商品について

Chateau La Tour Carnet, Grand Cru Class? in 1855The origins of the Chateau go back to the 12th century, which makes it the oldest Chateau in the M?doc. Its architecture is of medieval type with a tower built in 1120, surrounded by a moat. It has known famous owners, including the family of Michel de Montaigne, one of the greatest French philosophers, author of the Essays, and who was twice Mayor of Bordeaux. The vineyard of Chateau La Tour Carnet was established there in 1409. Owned by Bernard Magrez, the terroir of Chateau La Tour Carnet is a true mosaic of very diverse soils, particularly suitable for Merlot. Always striving for excellence, Bernard Magrez is a forerunner in technological and agronomic research, as evidenced by the collection of 75 grape varieties planted at La Tour Carnet, in order to observe their adaptability and find a potential response to the challenges of climate change.The 2021 vintage, rigor and adaptation to achieve balanceA beautiful, radiant, dark red colour.The fresh fruit aromas lead the way, with a touch of vanilla to complexify thebouquet. Thee attack is clean, precise and velvety on the palate; the balanceand length of this wine, that lingers deliciously, are remarkable.Alix Combes tells you about this vintage: https://www.youtube.com/watch?v=-HjGGnZONqM

ブレンド比率 メルロ60%, カベルネ・ソーヴィニヨン35%, プティ・ヴェルド4%, カベルネ・フラン1%
開花日 - 最大発酵温度 -
収穫開始日 - 新樽率 30%
収穫終了日 - 樽熟成期間 16ヵ月
発酵日数 - 収穫量/ha -

※画像はイメージのため、変わる場合がございます。
※2019年7月時点の評価を掲載しています。
※評価雑誌凡例:W.A…ワイン・アドヴォケイト誌、J.S…ジェームス・サックリング

ページ上部へ戻る