CHATEAU CLEMENT PICHON

シャトー クレマン ピション 2021

商品番号:812221

単品価格¥ 2,640(税込)

※ケース(12本)価格¥ 31,680/1本あたり ¥ 2,640
◎ケース(12 本) 価格、1 本あたり価格は税込価格です。
◎ご請求案内メールにて、ケース価格に変更してご案内いたします。

生産地 その他メドック
オーナー Fayat Family
生産年 2021年
タイプ 赤ワイン
容量 750ml
評価
  • Neal Martin/Vinous90-92
  • W.A-
  • J.S91-92
× 在庫なし
サイズ変更をご希望の方へ
サイズ変更は750ml×12本単位で承ります。
詳しくはこちら

ワイナリーについて

14世紀からの古い歴史をもち、ボルドー郊外パロンピュイル村にあります。1660年~1880年ピション家が所有し1,000haもの広大なシャトーで、ルイ14世が二度も訪れ、ボルドーの輝かしい歴史の一幕に。1881年火災の後、ルネサンス様の壮大なシャトーが再建。1976年よりファヤが所有し、品質改良と惜しみない投資により、威厳を取戻し、85年に創始者への敬意を込めクレマン・ピションと改名。03年にクリュ・ブルジョワへ昇格しています。

格付け ブルジョワ級 土壌 砂利質
作付け面積 25ha 平均樹齢 25年
平均生産数 100,000本 コンサルタント -

商品について

The estateLocated near Bordeaux, in the south of the Haut-M?doc appellation, the history of Chateau Cl?ment-Pichon dates back to the 14th century. The recent name was given to the estate in 1985, as a tribute to the two families who have marked its history. On the one hand, the Pichon family, owner of the estate from 1601 to 1880, who played a major role in the estate's history and more generally in Bordeaux wines history. The story goes that Louis XIV was invited to a few hunting parties at the estate. On the other hand, the Fayat family, passionate owner since 1976 who has breathed new life into the brand, thanks to, among other things, a global replanting program in the vineyard. This hard work was rewarded in 2020 by estate classification as a "Cru Bourgeois Sup?rieur". Its 32,5 ha large vineyard benefits from a remarkable North-South exposure and the terroir offers sandy soils on gravel dry. In places, the vines benefit from clay in the basement which allows them to capture an ideal freshness.The wines"The texture is refined and subtle, the tannins are fine and velvety. The nose is marked by black fruits with delicate toasted notes. An hedonistic wine of great generosity. The Cl?ment-Pichon teams succeed to produce a particularly harmonious wine over the years." Cl?ment Fayat

ブレンド比率 メルロ70%, カベルネ・ソーヴィニヨン25%, カベルネ・フラン5%
開花日 - 最大発酵温度 -
収穫開始日 - 新樽率 57%
収穫終了日 - 樽熟成期間 12ヶ月
発酵日数 - 収穫量/ha -

※画像はイメージのため、変わる場合がございます。
※2019年7月時点の評価を掲載しています。
※評価雑誌凡例:W.A…ワイン・アドヴォケイト誌、J.S…ジェームス・サックリング

ページ上部へ戻る