• TOP
  • はじめてのプリムール

はじめてのプリムール

我が家には君と同い年のボルドーワインが熟成中です。

「プリムール」は、あたらしいワインの買いかた・楽しみかた

プリムールとは?

みなさんは普段ワインをどこで購入されますか?
ワイン専門店やスーパー、インターネットなどの小売店で購入されることが多いのではないでしょうか。
このたびご紹介する「プリムール」は、ワインの購入方法なのですが、あまりよく知られていません。
簡単に言うと、ワインの先物買いで、商品になっていない熟成中のワイン液を購入することです。そして商品として受け取るのは約2年後になります。

一般的なワインの流通は、秋に収穫されたブドウが樽やタンク、瓶に詰められ、一定期間の熟成を経て、現地の仲介業者や日本の商社、問屋や小売店を通じてお客様のお手元に届きます。

「プリムール」とは、このような買い方とは少し違います。
株式会社徳岡の「プリムール」は、ワインが木樽で熟成している時期に売出しします。プリムールの対象になるのは、前年の秋に収穫されたブドウで造られたワインです。そして約2年後、ボルドーの各シャトーの蔵から当社のセラーにワインが入荷し、お客様のお手元に届けられます。

どんなワインが買えるの?

「プリムール」ワインとして売り出されるワインは、“シャトーもの”と言われる高級ワインがほとんどです。長期熟成を経て味わい深くなり、年月を経るとその市場価格は上昇する傾向にあります。
シャトー マルゴー(Chateau MARGAUX)というワイン名を耳にしたことはありませんか?よく映画やドラマにも出てくるワインです。メドック地区第一級格付けのワインで、プリムールワインの花形のひとつです。このような高級銘柄を筆頭に数千円のものまで、株式会社徳岡では100銘柄以上のプリムールワインを販売します。

世界中のワインのプロが注目するプリムール

プリムールワインはまだ市場に商品として売り出されていないことからすると先物取引の要素があります。先物取引でよく聞く食品関係の商品には、穀物で言うと麦、酪農では乳製品などで、天候や自然現象に左右されるものが多いです。ワインも天候などの自然現象の影響を大きく受けます。
株式会社徳岡のワインバイヤーは、毎年4月初旬に、熟成中のワインを試飲するためにボルドーを訪ねます。生産者や仲介業者に会い、ワインの出来栄えや市場の様子を直に確認するのです。“プリムール ウィーク”と呼ばれるその期間中、世界中からワインの評論家やバイヤーがボルドーに集結します。ワインのプロたちはプリムール販売されるワインを試飲して、ワインの出来栄えを判断したり、これから先のワインの変化を推測したり、買い付け数を決めたりします。

“プリムール ウィーク”期間中から、各シャトーはその年のプリムールワインの値決めを思案しだします。ワイン評論家の評価、世界の経済情勢、バイヤーたちの思惑を踏まえながらです。
基本的に、格付けの下位層のワインから売り出し価格が決まります。近年で言うと、5月初旬くらいからシャトーのオファーが届きます。上位層のワインは、先に出された価格をチェックして、マーケットの反応(高い!安い!お買い得!それはないよな、、、etc.)を見ながら慎重に値決めをしていくようです。
オファーを受け取ったわたしたちは、ボルドーで見聞きした情報を元に、今年の仕入れ数を決めていきます。
そしてオファーの出揃う6月末から7月にかけて、日本のお客様にご提示する価格を決めていきます。オファー価格はユーロ建てなので、為替の影響も気になるところです。

日本のお客様へ、プリムールを知っていただくために

株式会社徳岡では、毎年6月末ごろに「ボルドー プリムールワイン 試飲会」を開催しています。本来は熟成中のワインがEU域内から持ち出されることはありませんが、長年のボルドーでの取引と信頼を築き上げてきた結果、株式会社徳岡主催の「ボルドー プリムールワイン 試飲会」を日本で開催することができています。
わたしたちはお客様に安心してプリムールワインをご購入いただくために、ボルドー現地さながらの試飲会を開催したり、ご購入の手助けになるよう情報収集に余念がありません。

試飲会について詳しく見る

プリムールでワインを購入する
3つのポイント

  1. 1. 安心の品質

    最短ルートでワインをお届け
    「プリムール」で購入すると、最短ルートでお客様にワインをお届けすることができます。
    ボルドーのシャトーワインは、その知名度と希少性、市場における価格変動など様々な要素があり、本来の“飲み物”としてのニーズだけでなく、マーケット商品として取引されることもあります。お客様のお手元に届けられる前に、複数の業者や持ち主、複数の場所を経由することもあります。
    その点、株式会社徳岡の「プリムール」ワインは、シャトーから出荷された後、ダイレクトに当社のワインセラーに入庫、次に当社ワインセラーを出るのはお客様にワインをお届けするときです。
  2. 2. 最安値の可能性

    流通のはじめは価格が安い
    一般的なお話なのですが、価格は需要と供給によって決定します。そして早期販売や会員制度など、限定された期間や限定された人が対象であれば、その制限の中で、優遇された価格で販売されることが多いです。株式会社徳岡の「プリムール」はまさに早期販売です。まだ樽の中で眠る、“商品になっていないワイン”ですから市場の影響はさほど受けていない“出始め”の価格提示ができます。
    ただ商品の価値や価格は市場が決めるものです。セオリー通りにはいかないこともあり、期待していたほど値上がりしないことや、また値下がりする可能性があることもお伝えしておかなければなりません。
  3. 3. 夢と未来

    ワインが届くまでの時間、届いてからの時間
    ワインに魅せられたのは一体いつなのでしょうか?脚の長いワイングラスに注がれた赤紫色の液体に心が奪われるのはどうしてでしょう?大好きな人とワインを飲みたくなったり、ワインを飲みながら交わす会話がとても楽しかったり、合せる食事に大いに期待したり…
    とある『あなた』と、プリムールワイン

    『あなた』は、ワイン評論家やマーケットの口コミなど、あらゆる情報を集めて「これだ」というワインをお決めになられ、『あなた』はワインの所有者になられるのです。遠いボルドーの地で、日本で過ごす『あなた』とは別の時間軸で、約2年間、ゆっくりと樽の中で熟成を進め、蔵を出る日を待つのです。そう、『あなた』との人生をスタートさせるために。
    ボルドーのシャトーワインはおおむね長期熟成タイプです。『あなた』のお手元に届けられた後もワインは瓶の中で熟成します。まだ初々しい伴侶をすぐに知るもよし、5年待つのもよし、30年待てばどんな変化をとげているのでしょう?所有者である『あなた』も30年の間にいろいろなことがあったに違いありません。どんな時もワインはうなずき優しく微笑んでくれます。

    このように、ひと言では言い表せられない魅力がワインにはあるのです。

夢と未来のプリムールワイン

プリムールは、
結婚や家の新築、長く連れ添った夫婦の金婚式など、人生の節目にワインが名脇役になることがあるでしょう。節目に合せてワインを購入するのではなく、その時まで待たせていたかのように、プリムールワインを手元に置いておくのも粋です。
プリムールは、希望
我が子の誕生年のワインを求められる方はとても多いです。ワインは年月とともに成熟していきます。子どもの存在は希望そのもの、親や大人たちは無償の愛で見守っています。余りある愛は、同い年のワインをあたかも擬人化し、万華鏡を覗くように我が子の成長をみつめるのです。成人した我が子と共にグラスを傾けるシーンに想いを馳せる、、、なんとほほえましい親心でしょう。
プリムールは、軌跡
会社の創業、周年記念、いろんな人生の契機。それは通過点なのか到達点なのか、人それぞれです。長期熟成タイプのワインの贈り物は、そこに至るまでにお世話になった人たちに感謝の気持ちを伝えるひとつの方法かもしれません。ワインを飲みながら昔話に花を咲かせるあなたの「今」は西暦何年ですか?ワインエチケットに印字された年号を引き算すれば、あなたとあなたの大切な人たちとの歴史や功績がより輝くものになるでしょう。

ページ上部へ戻る